TOP>>ガンダムシードディスティニー>>ストーリー

TVシリーズ化を元に、各話ごとに解説、見所を紹介します。
ちょっとお得な情報と、面白い箇所をピックアップしています。

キャラ突込みも・・・・
ガンダムSEEDデスティニー でいこう

ガンダムシードデスティニー・ストーリー

第13話 『よみがえる翼』第14話 『明日への出航』第15話 『戦場への帰還』第16話 『インド洋の死闘』

第1話 『怒れる瞳』
第2話 『戦いを呼ぶもの』
第3話 『予兆の砲火』
第4話 『星屑の戦場』
第5話 『癒えぬ傷痕』
第6話 『世界の終わる時』第7話 『混迷の大地』
第8話 『ジャンクション』
第9話 『驕れる牙』
第10話 『父の呪縛』
第11話 『選びし道』
第12話 『血に染まる海』
第13話 『よみがえる翼』
第14話 『明日への出航』
第15話 『戦場への帰還』
第16話 『インド洋の死闘』
第17話 『戦士の条件』
第18話 『ローエングリンを討て!』
第19話 『見えない真実』
第20話 『PAST』
第21話 『さまよう眸』
第22話 『蒼天の剣』
第23話 『戦火の蔭』
第24話 『すれ違う視線』
第25話 『罪の在処』
第26話 『約束』
第27話 『届かぬ想い』
第28話 『残る命散る命』
第29話 『FATES』
第30話 『刹那の夢』
第31話 『明けない夜』
第32話 『ステラ』
第33話 『示される世界』
第34話 『悪夢』
第35話 『混沌の先に』
第36話 『アスラン脱走』
第37話 『雷鳴の闇』
第38話 『新しき旗』
第39話 『天空のキラ』
第40話 『黄金の意志』
第41話 『リフレイン』
第42話 『自由と正義と』
第43話 『反撃の声』
第44話 『二人のラクス』
第45話 『変革の序曲』
第46話 『真実の歌』
第47話 『ミーア』
第48話 『新世界へ』
第49話 『レイ』
第50話 『最後の力』









第13話 『よみがえる翼』

ミネルバが連合艦隊を蹴散らし、オーブ海域から離脱した頃、ウトナ、ユウナらセイラン家に押し切られ、すっきりしないも、カガリの結婚が決まった。

情勢不安の中、オーブに明るい話題をもたらさなければならない。ユウナにそう説得されるカガリだが、アスランにもらった指輪に迷いを残す。

その夜、寝静まったキラ、ラクス達の元へ、謎の部隊が襲撃をかけた。
バルトフェルド、マリューらに守られながら、子供達を避難させるキラとラクス。

しかし、目的はなんと、ラクス・クラインだったのだ、しかも暗殺部隊はコーディネータ!?

さらに、暗殺部隊は、MSも借り出し、攻撃を開始してしまう。
キラは、大切な人を守るために、キラは翼をよみがえらせる決意をする……!!

第14話『明日への出航(たびだち)』

襲撃の夜が明け、キラたちが落ち着きを取り戻した頃、バルトフェルドによって暗殺部隊の正体がザフト軍であったことが明かされた。

オーブを逃れようとした矢先の出来事に、一同に沈痛な空気が流れる。時を同じくして、カガリの侍従マーナがキラを訪れていた。

彼女はカガリから託された書簡を携えており、その中にアスランからの指輪が入っていた。
そこに書き連ねられたカガリの悲痛な決意を知り、キラは起つ決心をする。そして長き時を経てアークエンジェルが再び活動を再開する。


第15話『戦場への帰還』

デュランダルからセイバーガンダムを受領したアスラン・ザラは、ミネルバに合流するためにオーブへと向かう。しかし、既にオーブは大西洋連邦との同盟に同意した立場であり、またフリーダムの出現による混乱もあって、彼の入国を拒否。ムラサメによる迎撃態勢を見せられ、アスランはカーペンタリアへ転進、ミネルバに合流するのだった。

アスラン・ザラがミネルバにフェイスとして、派遣されたことや、新型のMS、かつての英雄アスラン・ザラが帰還するとあって、ルナマリア・ホークは妙にアスランザラに接近するのだった。

一方、キラのフリーダムガンダムによって半ば強引に結婚式中にカガリを救出?(表向きは誘拐)するという茶番劇によって、アークエンジェルに迎えらていた。マリューたちに事態の説明を求めるカガリに、キラは答える

「選ぶ道を間違えたら、行きたい所へは行けない」

第16話『インド洋の死闘』

ジブラルタルの駐留軍を支援するべく、ミネルバは友軍艦と共にカーペンタリアを進発した。
それを待ち受けるネオは、ジブラルタルに基地を建設中の連合軍からMS部隊を接収、3機のガンダムと共にミネルバへと大攻勢をかける。

付近に母艦も見あたらない中での襲撃にあわてふためくブリッジで、アスランは自らもセイバーで出撃することを提案する。
タリアは彼にMS部隊の指揮を任せるが、アスランが戦闘指揮を執ることにシンは納得できないでいた……

シンは反発しながらも、からくも連合のMSを撃退することに成功するも・・・・・。

TOP>>ガンダムシードディスティニー>>ストーリー

ガンダムに関する版権は創通エージェンシー、サンライズ、毎日放送等にあります
(C)創通エージェンシー、サンライズ、毎日放送・BANDAI
このHPで公開している画像などは上記の会社に帰属します。
copyright (C) 2005 機動戦士ガンダムSEED DESTINYでいこう♪ all rights reserved.